--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/01/22 (Mon) 07:46
1976 サヴィニー・レ・ボーヌ 1er Cru Les Lavieres 赤

1976 Savigny Les Beaune 1er Cru Les Lavieres
(Domaine Robert Ampeau)
1976 サヴィニー・レ・ボーヌ 1er Cru
Les Lavieres 赤
Domaine ロベール・アンポー 750ml

1級畑ゆえに土の香りがかすかに残り
熟成も十分です。
甘く、そしてアルコールの力がしっかりしています。
オニオンスープの香りやセロリの風味があります。
後3~5年は十分楽しめます。

1976 サヴィニー・レ・ボーヌ 1er Cru Les Lavieres 赤 Domaine ロベール・アンポー 750ml




ワイン 赤 [1976] ロベール・アンポー フルボディ
ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ コート・デュ・ボーヌ コート・ドゥ・ボーヌ
スポンサーサイト

2007/01/22 (Mon) 07:45
1982 ムルソー La Pieces Sous Bois 白 Domaine ロベール・アンポー

1982 Meursault La Piece Sous Bois
(Domaine Robert Ampeau)
1982 ムルソー
La Pieces Sous Bois 白
Domaine ロベール・アンポー 750ml

ムルソーの造り手として有名なアンポーの腕の見せ所。
粘りのある蜂蜜のロウの味わいが力強さを誇張する。
信じられないほどの豊かさで、蜂蜜やバニラ香が口中をゆったり流れます。
素晴らしいの一言に尽きます。
初心者にはチョッと複雑な、上級者向けワインでしょう。
鶏料理にお勧めです。

1982 ムルソーLa Pieces Sous Bois 白 Domaine ロベール・アンポー 750ml




ワイン 白 [1982] ロベール・アンポー 辛口
ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ コート・デュ・ボーヌ コート・ドゥ・ボーヌ

2007/01/22 (Mon) 07:43
2003 モレ・サン・ドニ 赤 Domaine デュジャック

2003 Morey St. Denis
(Domaine Dujac)
2003 モレ・サン・ドニ 赤
Domaine デュジャック 750ml

多くの努力と伝統的な手法も受け継いで、コート・ドールで最も注目すべきドメーヌのひとつに躍進していて、日本ではなかなかお目に掛かれないワイン。
15ヶ月間樽で熟成させた後、卵白で清澄し、フィルターにかけないで壜詰めされるので、アペラシオンにふさわしい立派な個性を備えたワインが生まれる。

2003 モレ・サン・ドニ 赤 Domaine デュジャック 750ml




ブルゴーニュ コート・ド・ニュイ コート・デュ・ニュイ コート・ドゥ・ニュイ
ドメーヌ・デュジャック フルボディ ワイン 赤 [2003]

2007/01/22 (Mon) 07:42
1996 ニュイ・サン・ジョルジュ 1er Cru Les Porrets 赤

1996 Nuits St. Georges 1er Cru Les Porrets
(Henri Gouges)
1996 ニュイ・サン・ジョルジュ
1er Cru Les Porrets 赤
Domaine Henri Gouges 750ml

この年はとても難しい味わいのものが多かったのは事実。
香は締まって固く味わいのみが泉のようにコンコンと湧きあがる。 バランスが整うのは抜栓後1時間。 ゆっくりが合言葉。

1996 ニュイ・サン・ジョルジュ1er Cru Les Porrets 赤Domaine Henri Gouges 750ml




ワイン赤 [1996] アンリ・グージュ フルボディ
ブルゴーニュ コート・ド・ニュイ コート・デュ・ニュイ コート・ドゥ・ニュイ

2007/01/22 (Mon) 07:41
オスピス・ド・ボーヌ 2000 コルトン Grand Cru 赤

Hospices de Beaune
2000 Corton Grand Cru
オスピス・ド・ボーヌ
2000 コルトン Grand Cru 赤
Cuvee Charlotte Dumay 750ml

ボーヌの町で、いやフランス中で最も尊い建物と言っても過言ではないのがオテル・デュー(オスピス・ド・ボーヌ)です。
1443年に当時のブルゴーニュ公の財務長官だった二コラ・ロランとその妻のギョーヌ・ド・サランはブルゴーニュの貧しさと病気にあえぐ沢山の人民を救済する慈善病院を造る事を思い立ち、その財源のために慈善活動として、ワインの競売を創設しました。数世紀を通じて貴族であろうと農民であろうと、自分の葡萄畑の一部を選んでオスピスに寄贈するのがならわしになり、その畑から獲れたワインはオスピスの運営維持の費用に当てるために売られました。1851年よりこの売り方がオークションの形態となり毎年11月の第3日曜日がオークションの日と決められています。長い歴史を経てオスピスのオークションはワインの品質の向上と共に世界のワイン行事の一つとして重要な位置を占めています。

オスピス・ド・ボーヌ2000 コルトン Grand Cru 赤Cuvee Charlotte Dumay750ml



| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。