--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/12 (Sun) 11:11
シャトー・レオヴィル・ラスカーズ ヴィンテージワイン

シャトー・レオヴィル・ラスカーズ
広い広い平原に座る孤独の獅子。何かを狙うでもなく、また、何かから狙われるでもない。全く隙を見せない。右からも左からも近寄りがたい。
そんなワインが存在する。そのワインはまさにその孤高の獅子であった。サンジュリアンで2級の格付けで、小川を挟んだ北隣にはラトゥールがある。
その獅子が気高いには訳があった。前当主、ミシェル・ドロン時代のモットーは「私は敵が攻撃をしかけてこない限り噛みつくことをしないライオンである。」
ワインの名はレオヴィル・ラス・カーズ。
敢えてラベルにはシャトーと記さなかった。
息子でもあり現当主でもあるジャン・ユベール・ドロンによれば「飲んですぐに分かる強さをもった、ゴツいワインでした。」
しかし、時代が変わればワインも変わる。ジャン・ユベール氏の好みは父とは違った。
「私は上品で、バランスのとれたワインが好みです。」
息子はミネラルを重視し、遥かにしなやかで、遥かに繊細な性質を持ち合わせている。では、父と息子を飲み比べてみるのもまたおもしろいのではないだろうか。セカンドワイン、クロ・デュ・マルキもお忘れなく。

[2003] シャトー・レオヴィル・ラスカーズ  750ml (サンジュリアン第2級)赤【コク辛口】

[2003] シャトー・レオヴィル・ラスカーズ  750ml (サンジュリアン第2級)赤【コク辛口】

[1982] シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ  750ml(サンジュリアン第2級)赤【コク辛口】
1982年のレオヴィル=ラス・カーズは、依然としてこの偉大なるヴィンテージのなかでも桁(けた)外れの逸品である。
厚みを感じさせる非常に濃いルビーから紫の色合いで、豊かで、内向的で、フルボディであり、そのアロマに変化が現れ始めたところだ。ヴァニラ、鉛筆、西洋杉、溶けたカラメルと、トーストの香りを伴うカシスのジャムのようなアロマがあり、極めて可能性に富んだフルボディのワインは、あと7年から10年貯蔵するとよい。
並外れて印象深く、酸度の低いラス・カーズには、熟した果実味がぎっしりと詰め込まれている。
これは、私が今までに試飲したなかでは最も享楽的で凝縮味のあるレオヴィル=ラス・カーズであり、この世のものとは思えぬ1986年ものをも凌駕(りようが)する傑作である。
現在でも飲むことはできるが、私の直感ではさらに我慢すべきだと思われる。
2000年から2030年の間に飲むのがよい。
不朽の価値を持つワイン!

[1982] シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ  750ml(サンジュリアン第2級)赤【コク辛口】

[1981] シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ  750ml (サンジュリアン第2級)赤【コク辛口】#B

[1981] シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ  750ml (サンジュリアン第2級)赤【コク辛口】#B

レオヴィル・ラス・カーズ ボルドーワイン シャトーワイン
楽天市場のお勧めレオヴィル・ラス・カーズ ワインを集めました。人気のレオヴィル・ラス・カーズ ワインをお取り寄せしましょう。プレゼントにも喜ばれますよ。
スポンサーサイト

2007/08/12 (Sun) 11:06
シャトー・シュヴァルブラン

シャトー・シュヴァルブラン
「5大シャトー」と比べて「8大シャトー」のひとつであるシュバルブラン、ここがすごい!!
(1)サンテミリオンの物分りのいい艶やかなメルローが入っている。
 これは不思議とどんなにがんばってもメドックで決して出せない まるみとお色気。
 旨みがたっぷりで早熟で、それでいて何年も頑張れる粘り腰。
(2)70%ものカベルネフラン
 ここのフランは決して出過ぎない、慎ましやかで、 いつも若々しくフレッシュ。
 いつもはソーヴィニョンの頑固さを影で支える 女房役的なフランもここではよくシェイプされ、 ワインに貴婦人の品格と華やかさを作り出している。
 なくてはならないぶどうだ。
その結果(1)+(2)=脂肪と筋肉がほどよくついてそれはあたかも、舞踏会のドレスをきて夜会巻きを結ったジョディーフォスターといい雰囲気になったんだけど、彼女がドレスを脱いだら、アンジェリーナ・ジョリーに大変身してしまったみたいな味。
その心は、出るとこ出てます。締まるとこしまってます。エステ通いのにわか仕立てのやわなボディじゃない。長い年月に耐える鍛え抜かれたスーパーボディ。気になる瞳とふっくらした官能的な口元。飲んだらもっち、ジョディーの品格とアンジェリーナなダイナマイト級のおいしさ!
メドックにはないこの元気な淑女にはまったら、誰よりも長く一緒にいたいと思わずにはいられない逸品です。
5大シャトー好きな方、8大シャトーも制覇すべし!!

[2001] シャトー・シュヴァル・ブラン  750ml (サンテミリオン第1特別級A)赤【コク辛口】

[2001] シャトー・シュヴァル・ブラン  750ml (サンテミリオン第1特別級A)赤【コク辛口】

[1985] シャトー・シュヴァル・ブラン  750ml (サンテミリオン第1特別級A)赤【コク辛口】
≪1985年 シュヴァル・ブラン≫ 93点
完全に熟成しているが、あと10年から15年は続く能力のある、際立った香り(ジャムのような黒い果実、甘草、東洋風のスパイス、ハーブ、グリルした肉)のワインは、魅力的に豊かでふくよかであり、ミディアムボディからフルボディで、肥えて、ジューシーなスタイルのシュヴァル・ブランである。試飲するたびにより良好になるようだ。
多くのシュヴァル・ブランと同様に、瓶の中で重みを増すという並外れた能力を備えている。

[1985] シャトー・シュヴァル・ブラン  750ml (サンテミリオン第1特別級A)赤【コク辛口】

[1986] シャトー・シュヴァル・ブラン  750ml (サンテミリオン第1特別級A)赤【コク辛口】
≪1986年 シュヴァル・ブラン≫ 92点
私はかつて、1986年は1985年よりよいと考えたことがあるが、 1985年の目の開いた魅力とエキゾチックな特性は、より控えめでタンニンが強く、内向的な1986年ものよりも、説得力がある。1986年は依然として若々しい、暗いルビー色で、エッジには琥珀色はまったく見られない。
このワインには雑草めいたタバコの香りが、甘いブラックチェリー、ラズベリー、チェリーの果実と並列する熟成途上のブーケがある。このワインが若いうちにははっきりと感じられた新樽の個性は背後に隠れ、生木というより、西洋杉のような特徴を示している。ミディアムボディからフルボディで、タンニンは控えめである。この特徴が分かりやすいシュヴァル・ブランは、典型的なサン=テミリオンのふくよかさよりも、メドック的な性質を備えている。
このワインは豊かで、力強く、うまくつくられているが、あと数年瓶で寝かせておく必要がある。

[1986] シャトー・シュヴァル・ブラン  750ml (サンテミリオン第1特別級A)赤【コク辛口】

シュヴァル・ブラン ボルドーワイン シャトーワイン
楽天市場のお勧めシュヴァル・ブラン ワインを集めました。人気のシュヴァル・ブラン ワインをお取り寄せしましょう。プレゼントにも喜ばれますよ。

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。