--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/05 (Sat) 15:18
神の雫(5) モーニングKC

神の雫(5) モーニングKC

神咲豊多香の遺言状に記されたワイン『第一の使徒』の記述を繙いた神咲雫と遠峰一青。すでに、そのワインに心当たりのある気鋭のワイン評論家・一青に対し、素人同然の雫はその手がかりさえもつかめない。そんな折、ふと立ち寄った画廊に『第一の使徒』の描写そのものの1枚の絵を見つける。「とあるワインに感じた心象風景を描いた」というその絵に、束の間の快哉を叫ぶ雫だったが、不幸にもその絵を描いた女性は、昔の記憶を失い、ワインの銘柄どころか、自分の名前さえも覚えてはいなかった

神の雫がより楽しめるコラム 今夜使えるワイン談義
神の雫オリジナル ワインチャート/リスト
犬でもわかるワイン用語集
亜樹 直の週末ワイン


神の雫(5)
スポンサーサイト

<< 神の雫(6)モーニングKC | ホーム | 神の雫(4)モーニングKC >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。